私が早漏を克服した際に行った方法

私のコンプレックスの1つが、早漏であるということですo(;△;)o
しかし、それほど深刻には捉えていませんでした。確かに、付き合った女性には不満だったこともあるかもしれませんが、それを直接指摘されることがなかったからかもしれません。

そんな時、一人の女性と付き合い、男女の関係となりました。そして、そこで決定的な一言を言われたのです。それが「つまらない」という言葉でした。その言葉を聞いた時、最初は何を言われているのか分かりませんでしたが、よくよく聞いてみると、女性が満足する前に私が満足してしまうため、物足りなさを感じるというものでした。私なりに、彼女に対して、一生懸命に向き合っていたつもりでしたが、不十分であったようです。

そして、このことだけがきっかけではありませんが、彼女とは別れることになりました。同じ失敗を繰り返さないために、「このままで良い」と開き直るのではなく、対策をこうじなければならないと強く、誓いました。

最初に何から始めたら良いのか分からなかったため、インターネットを利用し、情報を集めました。サプリメントを使用したり、専用の器具を使用する方法、医療機関に相談をする方法などがありましたが、私の場合は、自分で行うことが出来る対策を行いました。それが、自分で性処理を行う際に、出来るだけ我慢をするということを繰り返し行うと言うものでした。これまでは、短時間で済ませていたものを出来るだけ長い時間、状態をキープさせることが出来るように心掛けました。また、お尻の周りの筋肉を鍛えることも効果があるという情報を見つけ、お尻の穴を締めるように、力を入れる、抜くということを繰り返しました。

その後、彼女も出来ましたが、以前に比べると早漏は若干、改善されたように感じています(^▽^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする